神戸ぐりる工房

 2008-12-05
20081020i.jpg

「そこに行ったらそれ食べなきゃ嘘だよね?」って料理がある。
例えば仙台だったら牛タンだろう。

じゃあ神戸だったら?
もちろん神戸牛に決まってる!

訪れたのは元町駅のちょっと路地に入ったところにある「神戸ぐりる工房」
神戸牛を提供する店は数あれど、証明書つきの正真正銘しかもA5・A4等級の神戸牛を
これだけリーズナブル価格で提供する店はそうはない。
ここは財布にやさしくお腹にも優しい、神戸牛ステーキ専門店なのだ。

早速コースを注文。

20081020b.jpg

まずは自家製ドレッシングのサラダ。

20081020c.jpg

続いて、本日の前菜盛り合わせ。
今回はトロサーモンのあぶり焼きに生ハム春巻。

20081020d.jpg

肉登場!
牛肉の大トロといわれる「イチボ」という部位を刺身で。

な、なんだ!?
ベタで貧困な表現だけど「牛肉が口の中でとろける~」としか言いようがない。

20081020e.jpg

ここで灘の日本酒を投入。
銘柄は「福寿」。

20081020f.jpg

メインに行く前に前哨戦をば。
「兵庫赤鶏ももぐりる」。

20081020g.jpg

さあて、いきなり黒毛和牛A-5級牛ももステーキが参戦だ。
ぎゃーす、うますぎるうますぎるうううううううううう。

20081020h.jpg

この興奮を抑えるのには酒の力を借りるしかない。
牛肉と来たら赤ワイン。
オーストリア産の「トーマス・ミッチェル・カベルネ・シラーズ」。
赤のくせしてさっぱりなんだ、このやろう!

20081020i.jpg

そしてそして!
ついに神戸牛キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
神戸牛のロースステーキ様がご降臨あそばされたーーY⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

20081020j.jpg

旨い肉はレアに限る!
なにこのほんのり火が通った、ルビーのよう神々しいまでの赤は!!

20081020k.jpg

で、自家製ソース神戸やきそば。

20081020l.jpg

デザートのシャーベットと抹茶アイスで終了。


いやー久々に食事しながら大興奮しまくったよ。
帰り際、満面の笑みで店の人に
「感動した!」「もうね、来た甲斐がありましたよ!」とか握手しまくてったモンwww



†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††

20081020a.jpg

■神戸グリル工房
http://www.kobe-grillkobo.net/
住所: 兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-11
電話: 078-392-2502
営業時間: 月~金 17:30~24:00/土・日・祝  12:00~15:00、 16:30~24:00
定休日: 無休







関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzukindoki.blog18.fc2.com/tb.php/558-93540be9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫