サンシャインクリエイション28

 2005-06-21
http://www.creation.gr.jp/

Dホールから初動。
今回はスタンダードに壁際→外周→島中と攻めてみる。
5月GWから毎週のように中小規模即売会があったわりに新刊率高し。
なにより「bolze.」がサンクリ新刊出していたのには驚いた。
これもDホール配置の御利益なのか?(A23ホール配置だと大抵既刊のみ)
限定3冊→1冊で11時50分ごろには完売。でも書店卸しそう。

他にもちらほらと行列ができたサークルはあったけど
屋外に流しやすいためか混雑で苦労したところは特になし。
時限販売も、スタッフ側で"原則禁止"から"要相談"へ方針転向した影響も
あったのか「LandUrchin」「鬼脚堂」「BLACK LIST」「新日本ペプシ党」で行われたけれど粛々と頒布。

13時過ぎにA23ホールへ移動。
当然のことながら主な大手サークルはのきなみ完売。
後で聞いたら「JOKERTYPE」「AMR」の列がやっぱり凄かったらしい。
特に「AMR」は頒布開始を遅らせたうえ限定をかけたのにもかかわらず
30分程度で完売したとか。
「HIGH RISK REVOLUTION」「じゃらや」の東鳩2本が欲しかったけど
書店委託してくれるらしいから、そちらで確保しよう。

続いてA1ホールへ。
こちらも壁際サークルは完売。
ただ「CHRISTMAS GARDEN」が入手できなかったのが無念。
今回の新刊コピー誌は夏コミで加筆してオフセ化するとのことだが
6/5のコミコミで発行した再録本『etude E+P』は再版予定なし‥‥。
旧刊もとらのあなに委託しているけど店頭のみらしく入手できなかったし
中古書店ではマリみて本自体を買取しなくなりつつあるから
一度逃すと手に入れにくいんだよなぁ。‥‥どうしたものか。
あと「DigitalLover」が新刊を書店委託する旨を確認。

なお、カタログが11時40分頃には完売してたけど
発行部数を抑えたのか、それとも書店委託販売が好況だったのだろうか?
一般参加者数が多かったようには感じなかったんだけど。

14時50分頃、撤収。

ところで後日聞いた話だと
「来年1月のサンクリは29日開催、来年3月のサンクリは4月に移行」らしい。
9月のサンクリは4ホール体制だし今回のカタログにもあったけど
レヴォの後釜と目されることから逃れられないのならばいっそのこと
という判断らしい。
あとは「CUT A DASH!!」の動向次第か‥‥。

関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://suzukindoki.blog18.fc2.com/tb.php/154-fa764c35
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫