栗本薫、死去

 2009-05-28
作家、栗本薫さんが死去

激しいショックを受けています。

彼女の作品に出会ってから約30年。
一昨年、すい臓ガンで入院されてから、
いつかはこんな日が来るとは思っていたけど、
早い。
早すぎる。

なんかね、
グイン・サーガが終わらないうちは
彼女が死ぬことなんてありえない気に勝手になってた。
たぶん彼女のファンはみなそうだと思う。

物語が途中で永遠に途切れる場に会うのは
これが初めてでないけれど、
好きな作家の本を数か月、
時には毎月書店に並ぶのを楽しみにしているというのは
昔の同窓生の近況を知るみたいなところがあって、
ただの読者ではなく友人のような感覚だから、
妙な喪失感があって…。


ご冥福を祈ります。


定額給付金「振り込み遅い」問い合わせ殺到 仙台市陳謝
[関連]「定額給付金はゼロ点」 クルーグマン教授、与謝野財務相と対談

先日、ようやく我が家にも定額給付金の通知が届いたけど
手続きしてから振込みされるのは早くても6月下旬とのこと。
「お金がもらえるんだったらそれでいい」なんて
短絡的な意見を述べた人もいるけど、
その業務に費やされる経費もまた税金。
結局、費用対効果を考えれば
ローン会社から金銭を借りているのと変わらず
一旦は手元にお金が入っても
後々高ーい利子(増税)がつくのである。
「エコポイント」といい、目先ばかりの政策が多すぎ。


河北新報 東北のニュース/マサムネさまはアイドル 若い女性に戦国武将ブーム
[関連]「戦国BASARA米」、「戦国BASARA 仙台名産 厚焼き笹かま」発売!

宮城県をあげて後押ししてますからね。


【時代のリーダー】角川 歴彦・角川書店社長

『ハルヒ』『らき☆すた』をはじめ、
漫画や小説のメディアミックス化における先見の明や先進性は
この社長なればこそとうなづける話が多々。
翻って講談社は……。

そうそう、『けいおん』でさらに
メディアミックス化の成功事例を重ねた芳文社だけど
そこの仕掛け人は誰なんだろう?


ブロガーを招待してダイエット体験合宿

赤松健自身が主催するオフ会「ネギのお茶会」もまた
こういった側面を期待しての開催であることは容易に想像できる。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫