終わりよければすべてよし 「かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~」

 2006-10-27
20061027a.jpg


10/27発売のDVD第7巻と10/27配信の「かしましらじお」で、かしましアニメは大団円を迎えた。

やす菜からはずむへの「あのね」。
はずむからとまりへの「あのね」。

その意味が最終回ですべて明らかにされ、はずむ、やす菜、とまりの三角関係も結末を迎える。

実は、アニメ本編を見終えたときはあまりにも強引な力技の決着にもやもやしたものが残った。

でも、原作者の桂遊生丸のエピローグコミックを読み、オーディオコメンタリーを聴いて、映像特典の「かしましい人たちの肖像すぺしゃる」を見て、最後に「かしましらじお」を聴き終えたとき、そのもやもやは消えていた。

「あのね商法」が当初から決まっていたのは正直いい気分はしないが、すべてを視聴し終えた今となっては「見るべきものは見つ」の境地。

ここまできっちり物語を、そしてそれにまつわるメディアを綺麗に終わらせた作品はなかなかないだろう。

今はただ出演者と関係者に「お疲れさま」と言いたい。


ここからは余談。

「DVD本編」→「エピローグコミック」→「オーディオコメンタリー」
→「かしましい人たちの肖像すぺしゃる」→「かしましらじお最終回」
の順で視聴するのがベスト。

やっぱ、やまなこは偉大だワ。



かしまし~ガール・ミーツ・ガール~7
バンダイビジュアル (2006/10/27)
スポンサーサイト



タグ :

2006年10月27日

 2006-10-27
昼酒は効く‥‥。

ポールのミラクル大作戦 セレクション1
発売されてたなんて知らなかった。
うわ、懐かしい。

コンテンツ専門調査会 企画ワーキングG開催

1) 日本コンテンツの独創性を生かし、海外にも通用するコンテンツを制作する。
2) 海外展開を見据えた権利処理を行う。
3) 法務能力を高める。
4) ハードとソフトの連携。
5) 日本のコンテンツの魅力を海外に伝える。
6) 日本をクリエーションの拠点とする。
7) コンテンツ産業に対する各種情報の提供。
8) 国際的な知的財産保護。

下手に口を出すより、コンテンツ産業が現在抱えている問題の解決への手助けを強化したほうがいいと考える。
また、海外でアニメ・マンガ・ゲームが広まったのは「日本的」だからではなく、むしろ無国籍だったがゆえに浸透しやすかったことを踏まえるべきで、「日本コンテンツの独創性」をどこに見出すかが鍵。

しかし、考えようによってはコンテンツ産業の海外進出は、マクドナルドのそれと同様に他国の生活をも変革させる要素を持つんだよなあ。
タグ :

2006年10月27日

 2006-10-27
【同人誌】
AAC 2 (あびしにあ)ネギま
デュオ (stardust)ネギま
ダークサイド 壱 はじめての性魔術篇 (E-10フィールド)ネギま
猫のいる生活 (眠猫物産展)舞‐乙HiME
Fate/delusions of grandeur (爆裂風船)Fate
マスクドドリル (ローカスタ・シネンシス)マリみて
きなさな本 (まじっくすくえあ)マリみて
しまこ魔子 (恥骨マニア)マリみて
空想実験 vol.6 (サークル空想実験)BREACH
PHANTOM PAIN (むうんるうらあ)ゼーガペイン
ちょろず飯店 (FLIPFLOPs)東方

【DVD】
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 7
涼宮ハルヒの憂鬱 4 限定版
ネギま!? 春スペシャル!?

【CD】
Love Power 通常版 (Aice5)
Love Power 限定版 (Aice5)

【ゲーム】
ネギま!? 超 麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫