2006年2月3日

 2006-02-03
寒い。
今日は、雪こそあまり降らないが底冷えする寒さ。
そこで急遽、小判寿司へ。
いや、なんか急に食べたくなったのですよ。

カウンターには客はおらず。
「早い時間にはそれなりにいたんですけどね」とは職人さんの弁。
寒いから熱燗、お通しは葉わさび。
ツマミはサバとホタルイカとホタテのヅケとたくあんと。

もう一本熱燗を頼んだ頃に握りへ移行。
「大間も節が終わりですね」と本マグロは長崎沖。
イカ、サバ、カッパ巻、鉄火巻。
一息ついて酒は黄金澤の大吟醸。
そんで穴子を塩とツメで。このツメが柚子の香りが利いてて爽やかに鼻腔をくすぐる。
ツメの余韻が忘れられなくて煮蛤を。
そして赤身に玉子でフィニッシュ。

我ながら脈絡のない構成だが、満足、満足。
と、そこへ友人から電話。
‥‥。

そういえば今日はほっちゃんの大阪公演だった。(T^T)

くそう、電話口から聴こえる声が妙に楽しそうで腹が立つ。
俺だって行けるもんなら行きたかった‥‥。

この借りは来月のスタチャイベントで晴らしてやる!
そう、心に固く誓いながら就寝。
スポンサーサイト



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫