魚仁@月島

 2005-06-14
かねますを出て清澄通りを月島方面に向かうと
小雨がちらつくのにもかかわらず大勢のにぎわいが。
そう、ここがもう一軒お目当ての「魚仁」である。

とっくに満席なので待つことになるが
一瞬の晴れ間が月島の空に映し出した虹に感動しつつ
20分ほどで入店できた。

店内はもうてんやわんやの大騒ぎなので早速注文する。
「ポテトサラダ」
「まぐろぶつ」
「おまかせ刺身(まぐろ、ほたて、甘エビ、しめ鯵)」
「まぐろのカマ焼き(中)」。

ここは、早い美味い安いの三拍子揃っているうえに量も半端じゃないので
最後に予定していた中オチ丼を頼む前にお腹一杯に。

店内の慌しさに釣られて
この店では割高感のある「おまかせ刺身」を頼んでしまったし
「ネギマ串」「ほっぺ刺し」「トロサーモン焼き」など
入店したときには売り切れていたメニューもあったので
いつかリベンジしてやると誓いながら店を後にしたのだった。

美味しゅうございました。

参考:
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/000334.html
http://shandy.moo.jp/gurume/uojin/uojin.htm


スポンサーサイト



タグ :

かねます@勝どき

 2005-06-14
勝どきに足を運んだのは
1996年春の「さよなら晴海!! コミケットスペシャル」以来。
あの時工事していた大江戸線は開通し
高層マンションが立ち並んだ街並みには隔世の感が。
当時はコンビニどころか飲食店一軒探すのにも苦労したのになぁ。

実はその頃からここの店構えが気になっていたけど
勝どきに行く機会も少なくなり今日まで来れずじまい。
ただ、雑誌やテレビの紹介記事でもって店内の様子等を知ってからは
いつかは行こうと心に決めていたのだった。

さて入店すると、既にカウンターと奥のスペースは一杯。
なんとか壁側の隅の場所を確保してハイボールでのどを潤す。

まずは念願の「生うに牛巻き」。
おお来た来た。これだ、これが食べたかったんだ。
おもむろにひとつをパクッ。

雑誌やサイトの紹介記事を読んで以来、ずーっと焦がれ続けた一品だった。
ややもすれば期待が募りすぎて実際食べたときには
妄想した味との差に苦しむこともあるのだが、しかし。
これは違った。
うにの甘さと牛肉の旨みが渾然一体になって口の中に広がる。
あ~美味いよぉぉぉ~。

続いて「ひらめのきも巻き」にしようか「甘鯛あんかけ蒸し」もいいぞと
悩んだあげく、初夏らしい「じゅんさい」を頼む。
実は今日はもう一軒はしごしようと目論んでいたので
この店だけで満足してしまうわけにはいかないのだ。
「じゅんさい」は梅酢でさっぱり、うに添えのジュレ風味。
連れのEさんが寒天が入ってると勘違いするくらい
じゅんさいのぬめりが多く、濃厚。

季節ごとに品書きにあがるメニューも変わるので
東京に住んでいれば暇を見つけては足を運んだであろうお店。
そして、例え十年前に訪れていたとしても
この店の良さはその時の私では多分分からなかったであろうお店。
一品の値段がそれなりにするので、お財布にも厳しいしね。
年相応にならなければ魅力が分からない店もあるのだと
ここを訪れて痛感した。

ふぅ。堪能いたしました。

参考:同じ日に行かれた方の紹介記事
http://tokyo-osanpo.txt-nifty.com/blog/2005/06/post_1973.html
http://celicci.exblog.jp/2924614/


タグ :

レストラン七條@神保町

 2005-06-14
神保町に来るのは実に15年ぶりくらい。話には聞いていたけど
神保町交差点の岩波ホールの1階がスーツ量販店になってたり
東京パークタワーがあったりするのを実際に見ると
やはり時間の流れを感じる。
でも「さぼうる」や「スヰートポーヅ」は健在だし
コミック高岡も神田古書センターも変わらないようだ。

ゆっくり古書店巡りをしたいところだが今回の目的は別にあるので
参加前に荷物を増やすのもなんだし早めの昼食をとることにした。

かつて通いつめた「ボンディ」も捨てがたいけど
ここは噂に聞いていた「レストラン七條」へ。

ランチメニューとして供されるのは
「A.エビフライとメンチカツ定食」
「B.白身魚とほたてのポワレ定食」
「ビーフカレー」
「エビフライ定食」
「ミックスフライ(エビフライ・ほたて・クリームコロッケ)定食」
「ハンバーグ定食」の六品。
初見の店では定番を攻めるのが吉とA定食を注文。

エビフライは思ったよりも衣が厚かった。
でもサクサクとした衣の歯ざわりの中から登場する
プリッとしたエビが美味しい。
対するメンチカツもカリカリの衣を噛み締めれば熱々な肉汁が飛び出す。
盛り合わせのキャベツとポテトとキャロットサラダにも満足。

職場の近くにあれば昼食を帰宅途中にあれば夕食を
週に一度はいただきたいと思う、よそ行きではなく普段着感覚のお店かな。

参考:
http://blog.so-net.ne.jp/tomo-delicious/2005-02-05



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫